360°3D-VR

Matterport(マーターポート)導入が進む理由とは?導入事例から紐解く

Matterport(マーターポート)導入はなぜ進んでいるのか?
Matterport(マーターポート)の導入事例はどんなものがあるのか?

この記事を読むと、

Matterport(マーターポート)導入が進んでいる理由が分かります!
Matterport(マーターポート)の導入事例が分かります!

Matterport(マーターポート)を検討する際、導入した方が良い根拠や導入事例は気になる部分でしょう。この記事では、Matterport(マーターポート)の導入が進む根拠や導入事例を把握できるのでぜひご一読ください。

\ 「収益率アップ」の360°3D-VR【衝撃の74%増!】 /

Matterport(マーターポート)導入が進む4つの理由

日本でも導入が進むMatterport(マーターポート) 出典:Matterport公式

Matterport(マーターポート)導入が進んでいる背景には、Matterport(マーターポート)によって提供できる体験価値や機能が、各業界の悩み・顧客の悩みを解決できるからです。それは以下の4つに分けられます。

1.【現実体験】体験価値の提供
2.【願望の顕在化】潜在的な願望が現実になる
3.【正確性】誤差1%以内の正確なスキャン
4.【記録・保存】デジタルアーカイブで資産化

ここからは、これらがどのような悩みを解決できるのかについて解説していきます。

1.【現実体験】体験価値の提供

現実空間を体験することによって曖昧なイメージが具現化します。それをアシストしているのがMatterport(マーターポート)の「ウォークスルー機能」です。ウォークスルー機能は、VR映像内を「自由に移動して」「自由な角度で見られる」ことが可能です。

例えば飲食店を例に挙げて解説します。飲食店はお店紹介ページと現実とのギャップが生まれやすく、実際に訪れてみたとき、顧客満足の低下を招きやすい現状がありました。ですが、Matterport(マーターポート)で店内を撮影したならば、フロア内を現実に近い感覚で見ることが可能です。そのため顧客満足の低下を未然に防ぐことができます。

2.【願望の顕在化】潜在的な願望が現実になる

Matterport(マーターポート)による現実体験は「こうだったらいいのにな」という願望を現実にします。例えば中古車を探す場合。近くの店舗に見たい車がなかったら、取り扱い店舗のホームページの写真やテキスト情報で判断するしかありませんでした。

しかしMatterport(マーターポート)で中古車販売スペースや車内を撮影すれば、見たい車を自由な角度で見ることが可能となります。このように、まだ常識ではない価値観を現実にできるのがMatterport(マーターポート)です。

3.【正確性】誤差1%以内の正確なスキャン

Matterport(マーターポート)は現実空間を、1%以内の誤差で正確に読み取ることが可能です。そのため現実との差異はほとんどありません。Matterport(マーターポート)にはその正確性を応用して、空間内の寸法を計測できる機能も備わっています。

こうした機能は建設業界や不動産業界で特に活かされています。建設業界では唆工事のモデリング時間を大幅に短縮し、不動産業界ではオンライン内見に加えて、家具を置く場所を映像内で計測するといった活用がなされています。

4.【記録・保存】デジタルアーカイブで資産化

現実空間を正確に読み取り、そのデータをクラウド上に保存することで資産化することが可能です。例えば一定期間しか開催しない個展が代表例として挙げられます。個展会場をMatterport(マーターポート)撮影することで、終了後もその個展が資産として残せるのです。

これらの理由からさまざまな業界でMatterport(マーターポート)導入が進んでいます。ここからは、導入事例から活用方法を見ていきましょう。

Matterport(マーターポート)導入事例10選

Matterport(マーターポート)はさまざまな事業で活用できる 出典:Matterport公式

Matterport(マーターポート)はどのような活用がされているのか?と気にされる方も多いことでしょう。ここからは、以下10業界の導入事例から活用方法を解説していきます。

1.不動産・モデルルーム
2.建設・建築
3.飲食店
4.スポーツジム
5.宿泊施設・民泊
6.美術館・個展
7.小売業
8.オフィス見学ツアー・施設見学ツアー
9.テーマパークの屋内施設
10.工場

導入事例から紐解けばMatterport(マーターポート)の新たな活用方法が見える可能性もあります。

1.不動産・モデルルーム

オンライン内見イメージ 出典:ホープリヴス株式会社 実績紹介

不動産業界では、実際に部屋・モデルルームを見学するには現地に行くしか方法がありませんでした。また、顧客が急用などの事情で現地に来れなくなり、成約チャンスを逃してしまう場合も。モデルルームでは、見学希望者を伸ばすため、広告費が膨らむ傾向にもあったのです。

ですが、Matterport(マーターポート)を活用すると、オンライン上で内見・見学が可能となります。モデルルームでも現地に行く必要はありません。そのため、通常よりも多くの人に見学してもらえる可能性が高くなります。また、現地に赴く必要がないため、成約までの期間も大幅に縮まるのです。

実際にオンライン内見・見学から成約につながるケースが非常に増えています。Matterport(マーターポート)社の調査によれば、オンライン内見・見学をした顧客の95%が問い合わせにつながったという結果が出ています。出典元:Matterport(マーターポート)公式

不動産業のMatterport(マーターポート)を体験してみる
出典:ホープリヴス株式会社 実績紹介

2.建設・建築

施工中現場イメージ 出典:ドリフトフォトグラフィー 導入実績

建築・建設業界では、現況図面作成や見積もり、打ち合わせなど、直接現場に出向いてやらなければいけない作業も多く存在しています。

Matterport(マーターポート)を活用すると、いくつかの作業は現場に足を運び必要がなくなり効率よく進めることが可能です。Matterport(マーターポート)のスキャン・計測機能を利用して現況図面を作成したり、テキストや写真の埋め込みで、現況のスキャンモデルに注釈を入れて打ち合わせをスムーズにする、といった活用がされています。

建設・建築業界の潜在的な願望を実現できるのがMatterport(マーターポート)の魅力です。施工段階ごとに撮影して読み込んでおく仕組みを作れば、進捗確認・点検も現場に行かずとも可能になります。

建設・建築施工中現場のMatterport(マーターポート)を体験してみる
出典:ドリフトフォトグラフィー 導入実績

3.飲食店

飲食店イメージ 出典:ホープリヴス株式会社 実績紹介

飲食店では写真と現実とのギャップによって、顧客満足の低下を招いてしまう可能性があります。実際に写真で見た雰囲気と違う、という経験をしたこともあるのではないでしょうか?

Matterport(マーターポート)なら現実に近い空間を体験できるので、個室の雰囲気や人数に対応できる席があるかどうかなどを把握できます。事前に把握できれば疑問が確信に変わるので、現実とのギャップが生まれにくくなるのです。

飲食店のMatterport(マーターポート)を体験してみる
出典:ホープリヴス株式会社 実績紹介

4.スポーツジム

スポーツジムイメージ 出典:ホープリヴス株式会社 実績紹介

スポーツジムでは、事前にトレーニングする設備や広さを知りたいけど、ジムに行って実際に見るのは勇気がいる。という悩みを持つ方も多い場合があります。

Matterport(マーターポート)を活用することで、ジムの広さ・設備が現実空間で把握できるため申し込みにつながる確率が向上しています。

スポーツジムのMatterport(マーターポート)を体験してみる
出典:ホープリヴス株式会社 実績紹介

5.宿泊施設・民泊

宿泊施設イメージ 出典:ホープリヴス株式会社 実績紹介

宿泊施設でも実際に現地に赴くまで、部屋の雰囲気は主に写真や動画だけで判断するしかありません。そのため、予約判断に迷ってしまったり現実とのギャップが生まれやすくなっています。

Matterport(マーターポート)を活用して実際の部屋を見ることで、判断に迷いがなくなり、申し込みにつながりやすくなるのです。そして実際に足を運んだ時の満足度も高くなることでしょう。

宿泊施設・民泊のMatterport(マーターポート)を体験してみる
出典:ホープリヴス株式会社 実績紹介

6.美術館・個展

オンライン展示会イメージ 出典:ホープリヴス株式会社 実績紹介

美術館や個展は展示期間が限定されている場合、期間が終了してしまうと展示状況などを保存ができません。写真や動画でも保存はできますが、全体の展示状況をそのまま保存することは難しいのが現状です。

ですが、Matterport(マーターポート)を活用すれば展示状況を保存できるので資産として残せます。期間が終了してもオンライン展示会として見せることも可能です。また、新しい展示会を開催するときに、前回の展示状況を参考にしたいという場合にもすぐに確認できます。

美術館・個展のMatterport(マーターポート)を体験してみる
出典:ホープリヴス株式会社 実績紹介

7.小売業

バーチャルショップイメージ 出典:Matterport公式

通販やECサイトの普及で、店舗型の集客が難しくなってきています。むやみに集客のためのセール期間を増やせば、利益が生まれず悩む店舗もあることでしょう。

ですが、Matterport(マーターポート)を活用すればバーチャルショップが展開できます。バーチャルショップならば、売り場をMatterport(マーターポート)で撮影して、通販ページに誘導し購入を促すことが可能です。実際の売り場と販売ページを融合できるので、集客→販売までがワンストップで対応できます

小売業のMatterport(マーターポート)を体験してみる
出典:Matterport(マーターポート)公式
※海外ショップのため映像内は英語表記となっています。商品説明のタグに販売ページリンクを埋め込むことも可能です。

8.オフィス見学ツアー・施設見学ツアー

オフィス見学イメージ 出典:ドリフトフォトグラフィー 導入実績

オフィス見学や施設の見学ツアー分野も、顧客側は実際に見るまでの不安を抱えている人が多い現状です。例えば「転職を考えているけど職場の雰囲気を見ておきたい」「介護施設の内部を見ておきたい」といった悩みがあります。

Matterport(マーターポート)を活用して、オンライン見学の環境を整えればこれらの不安を解消できるのです。また、「採用のためにオフィス見学を設けたい」「施設見学ツアーを設けたいけど人が回せない」といった企業側の悩み・願望も実現できます。

オフィス・施設見学ツアーのMatterport(マーターポート)を体験してみる
出典:ドリフトフォトグラフィー 導入実績

9.テーマパークの屋内施設

お化け屋敷体験イメージ 出典:ホープリヴス株式会社 実績紹介

テーマパークの屋内施設アピールでもMatterport(マーターポート)は活用できます。テーマパークの屋内施設に関しては、新たな価値提供としてアピールすることが可能です。例えば脱出ゲームアトラクションの一部を、自由に移動して見せるといった使い方もできるでしょう。

ホープリヴス株式会社では、お化け屋敷でMatterport(マーターポート)導入の実績があります。お化け屋敷独特の緊張感や雰囲気を体験できるのが魅力です。

お化け屋敷を体験してみる
出典:ホープリヴス株式会社 実績紹介

10.工場

施工管理イメージ 出典:株式会社センシンロボティクス SENSYN 360:360°パノラマVR

工場の設備点検結果の共有や事前打ち合わせは、現場で行う必要が多いため点検者・確認者両方の手間と時間がかかっているケースが多い場合があります。

Matterport(マーターポート)を活用すると、現場・点検状況を撮影して結果をタグで埋め込むことにより、オンライン上で共有・点検結果報告ができるのです。また、設備の操作方法のトレーニングにも活用することができます

工場で活用している事例を見る
出典:株式会社センシンロボティクス SENSYN 360:360°パノラマVR

まとめ|Matterport(マーターポート)導入は加速する

ここまでMatterport(マーターポート)の導入事例と導入が進む理由を解説してきました。Matterport(マーターポート)は汎用性が高く、さまざまな企業のサービスに応用できます。

Matterport(マーターポート)はカリフォルニア州のリーディングカンパニーMatterport社が提供するサービスです。Matterport社は2021年7月にNASDAQ上場を果たし、投資家の注目を集めています。日本だけでなく全世界で導入が進んでいるMatterport(マーターポート)は今後さらに広がっていくと言えるでしょう。
出典元:Matterport(マーターポート)公式

Matterport(マーターポート)導入を検討しているならば、一度取り扱いのある制作会社へ問い合わせてみるのはいかがでしょうか?

\ 「問い合わせ件数アップ」の360°3D-VR【衝撃の95%増!】 /

\ 「話題の集客方法」360°3D-VRの撮影で【収益率74%アップ!】 /