360°3D-VR

【matterport(マーターポート)】高まる導入価値とその理由とは?

・matterport(マーターポート)がなぜ世界中で導入が進んでいるのか?
・matterport(マーターポート)の導入価値はなんなのか?
・matterport(マーターポート)はどういったことに期待できるのか?

この記事を読むと、

・matterport(マーターポート)が世界中で導入されている理由が分かります!
・matterport(マーターポート)の導入価値が分かります!
・matterport(マーターポート)の今後に期待されていることが分かります!

世界中で導入が進むmatterport(マーターポート)。もちろん日本でも導入が進んでいます。しかしなぜ日本でもmatterport(マーターポート)の導入が進んでいるのか?その理由が分からないと社内で検討し、プレゼンするときにも活かせないでしょう。

そこでこの記事では、matterport(マーターポート)が世界中で導入されている理由・導入メリット・今後に期待されることを解説していきます。matterport(マーターポート)導入を検討している方は、ぜひご一読ください。

\ 「収益率アップ」の360°3D-VR【衝撃の74%増!】 /

matterport(マーターポート)は現実空間をデジタル化する

matterport(マーターポート)の空間は4Kのハイクオリティ

matterport(マーターポート)は、アメリカカリフォルニア州のmatterport(マーターポート)社が提供するクラウドサービスです。さまざまな360度カメラやiPhoneで現実空間をデジタル化・3Dモデル化し、主に建築業界や不動産業界で業務の効率化や宣伝効果の拡大を実現しています。

その革新的なサービスは世界中に広まり、すでに150か国以上の国で導入されています。matterport(マーターポート)は現実空間のデータ化・資産化によって、多様化する現代の広告効果や業務の効率化に幅広く対応しているのです。

matterport(マーターポート)社はナスダック上場を果たし注目を集めている

ナスダック上場を記念し、ナスダックマーケットサイトのデジタル化も実施

matterport(マーターポート)社は2021年7月にナスダックに上場し、世界の注目をより多く集めています。上場に伴い、建築業界の空間データを扱うリーディングカンパニーとしての地位を固めました。

matterport(マーターポート)社の2021年3月31日の四半期の営業成績は、収益で前年比108%となり、契約ユーザー数は前年比531%とmatterport(マーターポート)社にとって記録的な数値となりました。また、株価も2021年9月の時点で過去5年間の株価46.49%アップと上昇し続けているのです。

参照元:業績:Matterport公式 株価:MTTR • NASDAQ Matterport Inc

matterport(マーターポート)がもたらした実績

matterport(マーターポート)は多様に変化する時代のなか、新たな価値を提供し結果を残している

世界中で導入が進むmatterport(マーターポート)は、さまざまな業界でおどろくべき実績を残しています。たとえば不動産業界では、matterport(マーターポート)の3Dヴァーチャルツアーを利用したユーザーの95%が問い合わせにつながっています。

また建築業界では、matterport(マーターポート)を導入した企業の89%が、「建築・土木建設の未来にmatterport(マーターポート)は重要である」と回答しているのです。

参照元:Matterport公式

matterport(マーターポート)が広まる5つの導入メリット

matterport(マーターポート)には大きな導入メリットがある

matterport(マーターポート)が世界中で広まる要因として、以下の5つの導入メリットが挙げられます。

1.顧客の行動プロセスの省略
2.体験による価値の向上
3.距離と時間の課題解決
4.訴求力の高い企業価値を提供できる
5.集客の限界を突破できる

それでは、matterport(マーターポート)5つの導入メリットについて詳しく見ていきましょう。

メリットその1.顧客の行動プロセスの省略

matterport(マーターポート)の導入メリット1つめは顧客の行動プロセスの一部を省略できることです。インターネットにより情報が増えた影響で、顧客は何か行動する、購入するときは事前にリサーチしてから行動に移ることが当たり前となってきました。つまり顧客の行動プロセスが変化しているのです。

顧客が購買に至るまでのプロセスは”AIDMA”が基本でしたが、検索のあとに比較・検証を挟む”AISCEAS”がネット社会における顧客の行動プロセスとなっています。比較・検討するのは現実に見ていないから、体験していないから不安という心理の現れからです。

matterport(マーターポート)による体験は、現実空間を自由な視点で体験できるので、顧客のイメージが具体化されます。イメージが具体化されることによって、行動プロセスの比較・検討を省ける可能性が上がり、購買・行動を促す最良のツールとなるのです。

AIDMA|AICEASの詳細:参照元 株式会社WOWOWコミュニケーションズ 公式ブログ

メリットその2.体験による価値の向上

matterport(マーターポート)の導入メリット2つめは体験価値の向上です。その理由は、現代は情報や商品が多種多様になり、顧客にとって本当に必要な商品や価値を自分で選択することが難しくなっているから。そのため体験による価値が高まってきました。

実際に体験することで、自分にとって本当に必要なものかどうかを自分で選択できるようになるのです。matterport(マーターポート)は現実空間を体験できるので、質の高い体験価値が提供できます。matterport(マーターポート)による質の高い体験は顧客の迷いを取りのぞき、スムーズな決断を促せるようになるのです。

メリットその3.距離と時間の課題解決

matterport(マーターポート)の導入メリット3つめは距離と時間の課題解決です。その理由は、matterport(マーターポート)はどこにいてもPC・スマホ・タブレットから現実空間を体験できるから。そのため実際に現地に足を運ぶ必要がなくなるのです。どこにいても見られるので、移動時間や交通費の削減も実現できます。

こうしたmatterport(マーターポート)の特性は、どうしても現地に足を運ぶしかなかった不動産の内見や建設現場状況の打ち合わせのオンライン化を実現し、成約スピードの向上にも貢献してきました。

メリットその4.訴求力の高い企業価値を提供できる

matterport(マーターポート)の導入メリット4つめは訴求力の高い体験価値を提供できることです。その理由は、matterport(マーターポート)による体験は現実とのギャップをなくし、顧客満足を高めるからです。

WEBサイトなどの画像やテキストイメージと現実とギャップがあることで、訪れたときの顧客満足が低下してしまう恐れがあります。ですがmatterport(マーターポート)の体験はそのギャップを取り除けるのです。

こうした高い体験価値の提供はライバルと差別化でき、顧客満足も向上するので企業価値も高まります。

メリットその5.集客の限界を打破できる

matterport(マーターポート)の導入メリット5つめは集客の限界を打破できることです。その理由は、matterport(マーターポート)ならばオンラインにヴァーチャルショップが展開できるから。テナントや店舗を構える企業の場合、外出に制限がかかってしまうような事態が発生すると、リアルでの集客に限界を迎えます。

ですが、matterport(マーターポート)でオンライン上に、実店舗と同等の体験ができるヴァーチャルショップを作ることで、集客の限界を打破できのです。

現実空間を体験できるmatterport(マーターポート)のヴァーチャルショップならば、通販サイトよりも視覚効果が高まるアピールができるため、購買につながる可能性も高まります。

matterport(マーターポート)の3つの魅力的な機能

matterport(マーターポート)にはさまざまな課題を解決できる機能がある

matterport(マーターポート)が世界で活躍する理由には3つの魅力的な機能があります。

1.【ウォークスルー】空間内を自由に移動できる
2.【正確なスキャンと計測】誤差1%以内で空間のスキャンと計測が可能
3.【タグの埋め込み】さまざまな情報を埋め込み可能

ここからは、matterport(マーターポート)の魅力的な3つの機能を詳しく紹介していきます。

魅力的な機能その1.【ウォークスルー】空間内を自由に移動できる

matterport(マーターポート)の魅力的な機能の1つめは空間内を自由に移動できるウォークスルー機能です。ウォークスルーはGoogleストリートビューをもっと細かく自由に移動できるようなイメージとなっています。

ウォークスルーがあることで、自分の行きたいところや見たいところに行き、そこから360度自由な角度で空間内が見られます。そのため没入感の高い体験が可能となっているのです。

魅力的な機能その2.【正確なスキャンと計測機能】誤差1%以内で空間のスキャンと計測が可能

matterport(マーターポート)の魅力的な機能の2つめは正確なスキャンと計測機能です。matterport(マーターポート)は空間のスキャン機能が非常に優秀。実際の空間とスキャンした空間の誤差はなんと1%以内なのです。この優秀なスキャン機能を活かして、空間内で正確に寸法を測れる計測機能も搭載しています。

※matterport(マーターポート)社の3DVRカメラである「Pro2」で撮影した場合

魅力的な機能その3.【タグの埋め込み】さまざまな情報を埋め込み可能

matterport(マーターポート)の魅力的な機能の3つめはタグの埋め込み機能です。空間内のあらゆる場所にタグ(画像・テキスト・動画・URLなどの情報)を埋め込むことが可能。補足説明や購入先のURLなどを埋め込めるので、セールスチャンスも逃さず、顧客が行動に移るまでの時間を大幅に短縮できる可能性が高まります。

matterport(マーターポート)は汎用性が高い

matterport(マーターポート)の高い汎用性はどの業種にも活用できる

matterport(マーターポート)の機能はさまざまな業種に応用できます。不動産・小売り業・旅行業などその活用シーンは多岐に及ぶのです。したがって、ほとんどの業種でmatterport(マーターポート)は有効に活用できると言えるでしょう。

matterport(マーターポート)の導入事例を詳しく知りたいと考えていませんか?そんな方のために、「Matterport(マーターポート)導入が進む理由とは?導入事例から紐解く」という記事があります。matterport(マーターポート)が有効活用されている業種について詳しく知りたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか?

matterport(マーターポート)に期待される今後の役割

matterport(マーターポート)はあらゆる空間と人々を結び付ける

matterport(マーターポート)は以下の3つの課題を解決し、さらなる活躍が期待されています。

1.WEBサイトと現実のギャップをなくして体験価値を向上
2.集客課題の解決策のひとつに
3.リモートワーク化の拡大

ここからは、上記3つの期待されるmatterport(マーターポート)の役割について解説していきます。

期待される役割その1.WEBサイトと現実のギャップをなくして体験価値を向上

matterport(マーターポート)に期待される役割の1つめは体験価値の向上です。matterport(マーターポート)の空間の3D化・デジタル化による現実体験は、WEBサイトやカタログなどのイメージと現実とのギャップをなくし、体験価値の向上に期待がもてます。

体験価値の向上で、実際に訪れてみてイメージとの違いにがっかりした。といった課題が解決され、顧客満足向上にも期待できるのです。

期待される役割その2.集客課題の解決策のひとつに

matterport(マーターポート)に期待される役割の2つめは集客課題の解決です。matterport(マーターポート)によって、オンライン空間でヴァーチャルショップやヴァーチャル展示会といった訴求が可能となり、さらなる集客向上が期待できます。

リアルでの集客に限界を感じている企業にとって、matterport(マーターポート)はその課題を解決できる有効なツールとなるのです。

期待される役割その3.リモートワーク化の拡大

matterport(マーターポート)に期待される役割の3つめはリモートワーク化の拡大です。matterport(マーターポート)の現実空間のスキャンによって、これまで現地に赴かなければ確認できなかったことや打ち合わせが、どこにいてもスマホやPCで確認できるようになります。

そのためリモートワーク化が実現できる業務も増え、業務効率の向上にも期待できるのです。

まとめ|matterport(マーターポート)は企業価値・ユーザーの体験価値を高める

ここまでmatterport(マーターポート)が世界で導入が進む理由や導入価値、今後期待されることについて解説してきました。

matterport(マーターポート)の現実空間を正確にスキャンする機能は、さまざまな業種の課題を解決し、集客向上や売り上げアップの手段にも活用できます。そしてmatterport(マーターポート)による質の高い体験価値を提供することで、他社との差別化も図ることができ、企業価値も高められるでしょう。

日本だけでなく世界中で導入が進むmatterport(マーターポート)。撮影実績を豊富に持つ会社には、その実績から業種に合った活用方法を提案できる力があります。matterport(マーターポート)導入を検討している場合、一度問い合わせてみるのはいかがでしょうか?

\ 「話題の集客方法」360°3D-VRの撮影で【収益率74%アップ!】 /