360°3D-VR

VRツアーの導入は「おすすめ」なのか?特徴や活用事例から紐解く!

・VRツアーの特徴について知りたい
・VRツアーは何がよいと言われるポイントなのか知りたい
・VRツアーが自社の業態で活用できるのか知りたい
・VRツアーの導入事例を参考にしたい

VRツアーを検討する際に上記のお悩みをお持ちではないでしょうか?
この記事のポイント

・VRツアーはどこからでも疑似体験できるもの
・VRツアーは利用者の体験価値と行動スピードを向上に期待できる
・VRツアーは汎用性が高くさまざまな業種で活用可能
・VRツアーは不動産・建設・バーチャルショップなど事例が豊富

VRツアーは疑似体験ができる上に、汎用性が高くさまざまな業種で活用可能です。この記事では、VRツアーがなぜ企業におすすめできるのかを解説しつつ導入事例を紹介していきます。

記事を読むことで、VRツアーが自社にどう役立つのかが見えてくるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

\ 「収益率アップ」の360°3D-VR【衝撃の74%増!】 /

VRツアーとはいつでもどこからでも疑似体験できること

VRツアーなら家にいながら海外旅行を疑似体験することも可能

VRツアーはスマートフォンなどさまざまなデバイスで、24時間365日自分の好きなときに体験することが可能です。VRツアーはまるで現地を見て回っているかのように体験でき、VRゴーグルを装着すればさらに没入感が高まります。

VRツアーについて「VRツアーとは?集客に効果的な理由・メリット・成功事例を紹介!」の記事でも解説しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。
参考URL:https://360vr.hopelivs.jp/vr360/vr-tour/

VRツアーをおすすめする4つの理由

VRツアーの活用は企業にとってデメリットなる要素が制作費用以外にありません

VRツアーは利用者の体験価値を高めますこの効果が企業にVRツアーをおすすめする最大の理由です。ほかにも、企業にVRツアーをおすすめする理由が4つあります。

1.VRツアーは空間情報を余すことなく伝えられる
2.VRツアーの活用で現実空間とのギャップが少なくなる
3.VRツアーによって体験者の理解度が深まる
4.VRツアー体験者のアクションスピードが高まる

ここからは、上記4つの理由について詳しくみていきましょう。

1.VRツアーは空間情報を余すことなく伝えられる

VRツアーの映像内は360度視点移動が可能です。そのため、静止画だけでは不足してしまう空間情報がすべて伝えらます。静止画で感じがちな「この見えていない部分はどうなっているのか?」といったことが解消でき、VRツアーの満足度が向上するのです。

2.VRツアーの活用で現実空間とのギャップが少なくなる

VRツアーは3DCGで作成しない場合は、現実空間を撮影した映像で構成されています。そのため、現実空間を実際に見て回っている体験が可能です。現実空間とVRツアーのギャップが少ないため、ツアー体験者が実際に現地に訪れた際に「思っていたものと違う」というマイナス評価になりにくい特徴があります。

3.VRツアーによって体験者の理解度が深まる

VRツアーで現実と同様の空間情報が把握できるほか、テキストなどの補足情報があれば、体験者の理解度は写真や動画と比較して大きく向上します。外国人旅行者にVR体験をしてもらったアンケート調査では、「VR体験によって理解度が向上した」と回答した人は全体の93%におよんでいます。

参考:ハブ拠点でのVR体験による訪日外国人旅行者の地方誘客推進実証事業「全体概要」

4.VRツアー体験者のアクションスピードが高まる

VRツアーの高い体験効果を得た場合、写真や動画を見た場合と比べて「行ってみたい」「買ってみたい」といった行動につながる可能性が高くなります。2019年に行われた調査データをみると「VR体験をした方が購買意欲が高まる」と回答した人は、VR未体験者に比べて約2倍も高くなっています

このように、VRツアーによる体験によって購買・予約・問い合わせなどのアクションにつながる確率が高くなるのです。体験効果が得られない写真や動画の場合、興味を持ちはじめても実際に体験できていないため、体験者の声を調べるなどの比較段階に移行します。

そして、比較段階で最初の興味が持続、向上する要素がなければ行動にはつながりません。そのため、VRツアーの体験効果は、体験者の比較段階をスキップできる可能性が高くなるといえます。

参考:市場調査メディア ホノテ|VRに関する意識調査。VR体験で購入意欲は高まるのか?

\ 「問い合わせ件数アップ」の360°3D-VR【衝撃の95%増!】 /

VRツアーは情報の埋め込みで訴求力がアップする

ツアー内に補足情報を埋め込めば魅力的なVRツアーに仕上がる

VRツアーでは映像内に以下のものが埋め込めます。

・テキスト(ポップアップも可能)
・動画(YouTubeやオリジナル動画など)
・BGM
・URL (購入ページリンクなど)
・人物(人による紹介演出としてなど)

VRツアー内に上記の情報を適度に埋め込むことで、体験効果が大きく向上します。BGMを入れることで臨場感が増し、人による解説やストーリーを聞くことで、理解が深まり感情移入しやすくなるなど、VRツアーがさらに魅力的になるでしょう。

購入や予約ページなどを埋め込めば、体験から行動までのアクションまでVRツアー内で完結できます。VRツアー体験からの集客にも非常に有効であり、おすすめです。

VRツアーが活用されている代表的な5つの業種

VRツアーは幅広い事業に応用可能

VRツアーが実際にどのような業種で活用されているかを知ると、自社の活用時にヒントを得られるでしょう。ここでは、以下5つの業種の事例を紹介していきます。

1.不動産業
2.観光業
3.店舗を持つ事業者
4.社内研修・採用活動
5.施設紹介

それでは活用事例について詳しくみていきましょう。

1.不動産業

出典:URBAN CREATE TUBE|【360度動画】ティンカーベル 201|VR内見|

不動産業では、物件の内見をVRツアーとして活用しています。部屋を探す顧客が家にいながら内見できるため、顧客の移動時間などの手間を省くことが可能です。また、内見に付き添う件数も減るため、不動産業者の業務効率向上にもつながっています。

VRツアーによって、実際の物件の雰囲気などを把握できるため、体験から成約につながる機会も多くなる結果が出ています。すべての物件を対応させるのはむずかしいですが、空室期間が長い物件や成約率を上げたい物件に絞るなどして活用するとよいでしょう。

2.観光業

出典:VR観光 TOWNWARP|【 VR観光旅行 】TOWNWARP 静岡 ~おうち時間で、静岡へVR旅行~

観光業では、広大な景色の観光地や名所をVRツアーで活用していることが多いです。観光業では多くの事業者がVRツアーの提供をはじめています。

外国人に向けたVRツアーや、足腰が弱ってしまった高齢者に向けたVRツアーなど活用の場面が大きく広がっているのが特徴です。ガイドをする人物の埋め込みも可能なため、実際と同じような観光ツアーを再現することもできます。

また、観光業ではVRツアーの制作をサポートする補助金制度なども充実しているため、VRツアーの導入コストを抑えることも可能です。

観光業の補助金制度については「補助金制度の活用|観光業で生産性向上や集客力を高める方法とは?」にて詳しく解説しています。こちらも参考にしてみてください。
参照元URL:https://360vr.hopelivs.jp/vr360/kankougyou-hojokin/

3.店舗を持つ事業者

出典:KCSCRH130|【360°】TSUTAYA はまりん横浜駅店 店舗紹介【VR対応】

実店舗を持つ事業者はVRツアーを活用すると、バーチャルショップとしても運用可能です。映像内に商品の購入ページのリンクを埋め込めば、VRツアー内で商品購入まで実現できます。実店舗に集客することがむずかしくなっている場合、VRツアーの活用は非常に有効です。

ECサイトなどネットショップを運営している事業でも、集客手段としてVRツアーを併用することができます。3DCGのバーチャル空間による仮想店舗を作成し、販売イベントなどを活用するのもよいでしょう。

有名アパレルブランド「BEAMS」では、バーチャル空間イベント「VIRTUAL MARKET2021」にて仮想店舗を出店しました。VR空間をアバターで歩いて見て回ることができ、店舗では実際に購入も可能です。

参考:Vket Mall|バーチャルマーケット2021

4.社内研修・採用活動

出典:EWORKS株式会社教育・研修用VR対応動画のサンプル – VR 360度動画 VR 360 video 360°動画 Virtual Reality VRトレーニング

VRツアーは研修や社内紹介にも活用されています。360度視点移動ができるため、オフィスツアーとして活用したり、研修に活用されたりといった内容です。

VRの特徴として「体験者の理解度を深める」と述べてきました。VRツアーを活用することで、テキストや動画よりも社員の理解度が向上する可能性が高まります。採用活動の場合は、実際に働くオフィスがどのような雰囲気なのかを体験できるため、志望する企業決定要素の大きな要因になります。

5.施設紹介

出典:KAGOMEJP|VR360°カゴメバーチャル工場見学MOVIE

工場見学や施設紹介にもVRツアーはおすすめです。テキスト・人・BGMをうまく活用すれば、実際の見学にも引けをとらない魅力的な体験ができます。

工場以外にも、老人ホームの紹介・スポーツジムの設備紹介など活用方法の幅が広いのも特徴です。実際に利用を検討する施設がVRツアーによって紹介されていれば、施設内の雰囲気や設備をくまなく見られるため、大きな決定要素になります。

\ 「問い合わせ件数アップ」の360°3D-VR【衝撃の95%増!】 /

まとめ|VRツアーは企業の集客手段にもおすすめ

ここまで、VRツアーが企業におすすめな理由と事例について解説してきました。VRツアーがもたらす高い体験効果は、体験者の行動意欲を高める効果があります。そのため、集客や売上貢献に期待できる手段として非常に有効な方法です。しかし、VRツアーの作成には、撮影技術や編集技術が必要となります。自社内ですべてをまかなうのは、コストや人件費を考慮するとおすすめできません。

そのため、VRツアーを作成する際は制作会社に依頼するのが有効です。VRツアーを検討する際は、制作会社へ一度問い合わせてみてはいかがでしょうか?

\ 「話題の集客方法」360°3D-VRの撮影で【収益率74%アップ!】 /