360°3D-VR

話題の3DVR|次世代のプロモーション撮影として注目される本当の理由

・3DVRは何に活かせるのか?
・3DVR撮影に必要なカメラの機能は?
・3DVRを撮影には特別な撮影技術は必要なのか?
・3DVRコンテンツの制作工程はどのようになっているのか?

この記事を読むと、

・3DVRの活かし方が分かります!
・3DVRに必要なカメラの機能が分かります!
・3DVR撮影に必要な撮影技術が分かります!
・3DVRコンテンツの制作工程が分かります!

この記事では3DVR撮影について解説しています。この記事を読むと、3DVRとは何か。3DVRを撮影するカメラや、撮影時に求められる技術やカメラの機能、制作過程が分かります。3DVR撮影を検討する方はぜひご覧ください。

\ 「収益率アップ」の360°3D-VR【衝撃の74%増!】 /

3DVRとは?3次元の仮想現実

3DVRとは3次元の仮想現実のことです。3次元とは立体的であるということ。3DVRはVR空間に奥行きを持たせて、まるでその場にいるかのような没入感の高い仮想現実空間を演出します。3DVRコンテンツはVRゴーグルがなくても、スマートフォンやタブレットなどさまざまなデバイスで手軽に没入感の高い体験が可能です。

3DVRが次世代プロモーション撮影として注目される2つの理由

5Gが3DVRの普及を加速させる

3DVRは次世代のプロモーションとして注目されています。その理由は以下の2点です。

理由1:5Gが3DVRの通信課題を解決
理由2:見る映像から体験できる映像に

ここからは、2つの理由の詳細についてくわしく解説していきます。

理由1:5Gが3DVRの通信課題を解決

1つめの理由は、3DVRの大きなデータ通信量が5Gによって解決されるからです。安定した映像クオリティで3DVRを体験するには、最低でも50Mbps以上の通信速度環境が必要とされています。そのためWi-Fiや4G回線では、映像が乱れたり遅延が起きて途切れたりして、VR酔いを起こしてしまう可能性がありました。

5G回線では、4G回線のおよそ20倍の通信速度が出ると予測されています。5Gが全国に普及されれば、スマートフォンやWi-Fi環境でもVRに対応した通信環境が整うため、より多くの方にVRによる体験価値をアピールできるのです。

参照元:SoftBank 5Gと4Gで何が変わる?何ができる?

理由2:見る映像から体験できる映像に

3DVRによって見る映像から体験できる映像に進化します。4Gによって動画コンテンツが普及し、動画によるプロモーションが一般的になりました。5G環境になると、VRコンテンツをもっと身近に感じられるようになるため、3DVRによるプロモーションが活かされていくのです。

3DVRの没入感と質の高い体験は、プロモーションだけでなく教育や研修、医療の向上にも期待されています。

参照元:SoftBank 5Gと4Gで何が変わる?何ができる?

3DVRの活用分野

3DVRは主に以下のシーンで活用されています。

・プロモーション
・オンライン展示会・内見
・バーチャルショップ
・教育・研修

3DVRの最大のメリットは体験価値を生み出せることです。3DVRのコンテンツは、現実に近い空間をオンライン上に作ることができます。オンライン上で体験可能なコンテンツが作れるので、実際の現場では体験がむずかしいことでも、VR空間ならば体験できるのです。そのため、研修や体験型の広告などさまざまな分野で応用されています。

3DVR撮影時にはVR酔いを起こさないよう撮影技術が必要

VR酔いは3DVR撮影における重要課題

3DVRを撮影するには、VR酔いを起こさせないための高い撮影技術が必要です。その理由は3DVRの大きな課題にVR酔いがあるため。VR酔いとは乗り物酔いのように、見ている映像と実際に感じている映像の違いによって起こります。

例えば車で移動しているシーンでいうと、窓の外は移り行く景色なのに体は動いていない状況です。このとき、脳では移動しているという感覚でも、体は動いていないという感覚であり、脳と体で錯覚を起こします。この錯覚が人によって乗り物酔いを引き起こすのです。

VR映像では、脳と体の情報の差が生まれやすくなります。そのためにVR酔いが起きるのです。撮影する映像がブレていたり通信速度が足りず映像が乱れたりすると、VR酔いを起こす可能性が高まってしまいます。こうした理由から、3DVRを撮影するときは安定して撮影する高い撮影技術が求められているのです。

3DVRを撮影するには専用のカメラが必要

安定と高解像度のカメラを求めるならプロ仕様のカメラを推奨

3DVRの映像を撮影するには3Dカメラもしくは360度3DVRカメラが必要です。3Dの映像を撮影するためには、奥行きを撮影できるカメラが必須となります。さらにVR映像に対応する場合には、レンズを複数搭載し、広い角度を撮影できるカメラが欠かせません。

3DVRは市販のカメラは180度|プロ仕様は360度で撮影可能

市販されているVR対応のカメラは、レンズが2つのカメラが多く、360度映像に対応できても3Dの場合には180度までが大半です。一方プロ仕様のカメラはレンズも市販のものより多く搭載されていて、360度すべて3Dで撮影可能となっています。

3DVRが撮影できるカメラについて具体的な機材が知りたいと疑問に持つ方もいるでしょう。そこで、3DVRカメラについて機材の詳細を解説した【3DVRカメラ】360度カメラとの違い|機種|導入事例の紹介という記事を作りました。3DVRカメラについてもっと知りたい方は、ぜひご覧ください。
参照元URL:https://360vr.hopelivs.jp/vr360/3dvr-camera-jirei/

3DVR撮影に必要なカメラの2つの機能|高解像度とスタビライザー

3DVR撮影では、高解像度とスタビライザーを搭載したカメラが必要です。その理由は、映像クオリティが低いと体験価値が下がります。そしてスタビライザーがなければ、映像が乱れてVR酔いを引き起こす可能性が高くなるからです。

撮影できる解像度は4K以上、スタビライザーは必ず搭載されているかチェックしましょう。とくにスタビライザーが搭載されていないと、撮影時にカメラを動かないように固定するだけでも大変です。

3DVR撮影から視聴までの3ステップ

3DVR撮影でも事前準備はとても重要

3DVRの撮影から視聴までには以下の3つのステップを踏みます。

ステップ1:3DVR撮影を行うコンテンツ内容の確認
ステップ2:3DVR撮影の実施
ステップ3:撮影した映像の編集

ここからは、3DVRコンテンツを制作する上で必要な3つのステップについて詳しく解説していきます。

ステップ1:3DVR撮影を行うコンテンツ内容の確認

3DVRの撮影前にコンテンツ内容を入念に確認することが重要です。なぜならば、コンテンツによって機材も変われば、テキストやURLなどの埋め込む情報なども多様に変化するからです。具体的には以下のポイントを決めておくとよいでしょう。

・3DCGを使用するのか実写ベースにするのか
・撮影シーンやアングルの決定
・テキストやURLなどコンテンツにどの情報を埋め込むか
・地上撮影か空中撮影か

撮影前に作成したいコンテンツに応じたポイントを押さえて準備することで、スムーズな撮影の進行と適切な費用で3DVRコンテンツができます。

ステップ2:3DVR撮影の実施

実際に3DVR撮影をします。撮影時にはVR酔いを防ぐためカメラは動かないようにしましょう。また、レンズに水滴や虫などの異物が映り込むと、コンテンツの没入感が一気に下がってしまいます。撮影は天候や撮影環境にも気を配ってスケジューリングしておくとよいでしょう。

ステップ3:撮影した映像の編集

最後に撮影した映像を編集します。VR映像の編集には、複数の映像をつなぎ合わせる「スティッチング」が重要です。その理由は映像のつなぎ目が不自然な場合は、没入感の低下とVR酔いの原因にもなってしまうため。また、編集では映像に歪みやブレがある場合に補正したり、映像内にテキストやURLなどのタグを埋め込みます。

編集まで完了すれば3DVRコンテンツの完成です。

まとめ:3DVR撮影を有効活用するには制作会社へ依頼

ここまで3DVR撮影について解説してきました。3DVRは5G環境の広まりとともに、体験価値を提供する次世代のプロモーションとして、有用な教育ツールとしても期待されています。3DVRコンテンツはまだ一般的ではありません。しかし5Gの普及に伴い、より身近なコンテンツになっていくでしょう。したがって、先行して3DVRを活用していくことは、ライバルとの差別化ができます。

3DVRコンテンツを作成するには、撮影技術や編集技術、カメラなどの機材と必要な物も多いです。そのため3DVRコンテンツを制作する場合は、富な実績と高い技術・よりよいコンテンツにするための提案力を持った制作会社に依頼するのがよいでしょう。3DVRを検討するならば、一度制作会社に問い合わせてみるのはいかがでしょうか?

\ 「話題の集客方法」360°3D-VRの撮影で【収益率74%アップ!】 /